本文へスキップ

相続税申告、遺産分割、生前対策、遺言など、相続のことは稲沢市の税理士法人杉浦経営会計事務所(クリックすると当事務所のメインホームページをご覧いただけます)までご相談ください。相続の専門部署を設けております。


お電話でのご予約はこちらまで
0120-934-399
愛知県稲沢市国府宮神田町45番

新着情報・FAQ相続相談室便り

2024年1月号

新NISAで相続対策!?

2024年からの「新NISA」は、一人あたり上限1,800万円の投資が非課税となります。さらに、非課税保有期間の無期限化や、口座開設可能期間の恒久化により、家族の分まで新NISAで非課税枠を活用することで、相続対策ができる上に、資産運用も可能になります。



夫の資金を妻の新NISA口座で運用できれば、夫婦で合計3,600万円の投資が非課税になるの?


夫婦間や親子間では、生活費として使われる金銭には贈与税はかかりません。しかし、投資のための資金には贈与税が課されます。年間360万円まで投資ができるようになったからと、1年間で360万円贈与すると、贈与税の基礎控除額である110万円を超える額に贈与税がかかってしまいます。
夫が稼いだ資金を妻の口座で運用するなら、贈与税の基礎控除額である年間110万円以下の金額を年数をかけてコツコツ資金を移せば、3,600万円の投資が非課税となります。


子どもへの贈与を考えている場合は?

新NISA口座が開設できるのは18歳からです。


子どもが18歳未満でも、それまでに少しずつ贈与しておけば子どもが18歳になった時に、NISA口座を開設する際の原資とすることができます。


生前贈与の最大のメリットは相続税の節税かと思われます。ただ、贈与をして終わりではなく、贈与を受けたお金で資産運用をしていくことで、将来の相続税の納税資金を増やせるかもしれません。

バックナンバー

2023年 2022年 2021年
 バックナンバーは過去3年間のみ掲載しています

相談室便りトップページ

バナースペース


稲沢市のi愛知相続相談センター

税理士法人
杉浦経営会計事務所

〒492-8139
愛知県稲沢市国府宮神田町45番

TEL:0587-23-3100
FAX:0587-23-2558
Email:smac@sugiura-kaikei.jp

営業日カレンダー

アクセス

※相続専門サイトです。当事務所のメインサイトはコチラをクリックしてください。→税理士法人杉浦経営会計事務所