《自筆証書遺言と公正証書遺言のちがい》
種 類 自筆証書遺言 公正証書遺言
作成方法 全文を自筆で書き、氏名・日付・押印をする方法 本人と立会人2人が公証役場に行き、作成してもらう方法
公証人の関与 なし あり
証 人 不要 2人以上必要
検 認 必要 不要
費 用 かからない かかる
紛失、滅失
可能性
あり なし
原本は公証人役場
無効となる
可能性
あり 原則なし
特 色
  1. 簡単に作成できる
  2. 保管場所によっては、遺言書が発見されない恐れがある
  3. 保管方法によっては、変造・偽造される可能性がある
  4. あいまいな表現は避け、明確な文章で書く必要がある
  1. 確実な遺言ができる
  2. 保管の心配がなく、遺言の存在と内容を明確にできる
  3. 遺言者が病気、怪我等で自筆ができない場合でも作成できる


※農地を遺贈する(法定相続人以外の人へあげる)場合は、農地法第3条
 により農業委員会または県知事の許可を受けなければならないので注意
 が必要です。