愛知相続相談センター > 遺言をしておきたいケース


遺言をしておきたいケース 



  特定の後継者に事業用資産のすべてを引き継がせたい人。

  妻や子供に事業を承継させたくない人。

  子供のいない夫婦で妻に全部あげたい人。

  今住んでいる自宅の土地と家をあげたい人。

  子供同士(相続人間)の仲がよくないため遺産分割をめぐるトラブルが起きることが予想される人。

  再婚をして先妻にこどもがいる人。

  死んだ息子の嫁に世話になっていてその嫁に遺産をあげたい人。

  障害をもつ子がいてその子の将来が心配な人。

  妻も子もいない人。身寄りがない人。

  法定相続人ではない愛人や内縁の妻などに遺産を残したい人。
    又、その間に子供がある人。

  公益事業に寄付したい人。

  特定の人に財産を遺したい人。

  農地をバラバラに細分化させたくない人。

  子供の中に行方不明者がいる人。

  相続人が国内外の各地にバラバラに居住していて遺産分割協議が大変となる人。

  子の認知。

  未成年者の後見人の指定。