愛知相続相談センター > 突然の相続

       突然の相続       
何から、どう手をつけたらよいのか わからない・・・


◆ 相続税の申告は誰でも必要なの?
◆ 名義変更はどうしたらいいの?

  
        <実例>
  『失敗した遺産分割協議書』

    ご主人を亡くされた、奥さんより相談がありました。
   ご夫婦には子供がありませんでしたが。いくばくかの預貯金が奥さんのために残されました。
   ご主人が死亡後、二人で築いた預金を銀行へおろしにいってびっくりです。
   銀行側から「この預金は、奥さんと、ご主人の甥子さんに署名と実印を押していただかないと
   払い出しは出来ません」と言われたそうです。
   戸籍謄本は司法書士に依頼し何とかそろえ、遺産分割協議書を作成し、甥から署名を実印を
   やっとの思いで押してもらいました。
   仏壇に向かいご主人に報告いたしましたところ、仏壇の引き出しから別の定期預金の証書が・・・
   遺産分割書にはその定期預金証書について何も触れていません。

     

                そんな迷い道をしないためにも・・・

   戸籍の取り寄せ    財産目録の作成    相続相関図の作成
相続人の確認    分割協議書の作成     相続税申告 
相続財産評価 相続放棄手続き 相続税調査の立会い




大変めんどうな相続手続きについて相談を承ります。
相続人さま間の調整役の経験が豊富なのでもめている案件をまとめるのが得意です。
相続財産評価各種名義変更・戸籍収集など・・

1人で抱えこまないで、まずはお話下さい。
ご相談者の立場に立ったアドバイスに自信が有ります!



 相続税に関する情報は、下のロゴをクリックしてご覧下さい!! 

相続税の申告とは?   相続の手順とその期限   

相続税申告必要資料