相続税額の2割加算対象者の追加

1.改正前
相続税額の2割加算とは1親等内の親族または配偶者以外の者が相続等により
財産を取得した場合には、各人の相続税額の2割を加算する制度です。
被相続人の養子は民法上は1親等の親族となりますので、これまで2割加算の
対象とはなりませんでした。

 
2.改正後
2割加算の対象者に、被相続人の養子となった孫(代襲相続人は除きます)が
追加されました。




孫(代襲相続を除く)を養子とした場合、相続税額が2割加算となります。
また、子の配偶者を養子にした場合は2割加算となりません。