相続による名義変更に必要なもの 

公正証書遺言がある場合
相続手続依頼書に基づき相続預金を相続した相続人、または遺言執行者によって行われます。
この場合、遺産分割協議書は不要です。
必要なもの
  • 名義を変えられる方の印鑑証明
  • 死亡の事実がわかる戸籍謄本
公正証書遺言がない場合
遺産分割協議書(相続人全員の署名と実印の押印が必要です)
公正証書遺言も遺産分割協議書も作成されていない場合は金融機関所定の用紙に相続人全員の署名と実印の押印が必要です。
必要なもの
  • 金融機関所定の「相続届」に財産を取得した相続人の書名捺印
  • 預金通帳・証書・キャッシュカード
    喪失の場合は相続人代表による「喪失届」が必要となります。

添付書類
必要書類 発行所 目的・説明
  • 亡くなられた方の戸籍(除籍)謄本
  • 相続人が親または兄弟姉妹の場合、戸籍の追加が必要になります。
市役所
  • 相続人の確定のため
  • 生まれた時から死亡までの間断のない戸籍謄本
  • 亡くなられた方の戸籍の附票
    (金融機関により必要となる場合があります)
市役所
  • 亡くなられた方の最終住所地の確認
  相続人全員の戸籍謄本(現在の) 市役所
  • 相続人の本籍、生年月日の確認
    代襲はないか
  相続人全員の住民票(本籍記載のあるもの) 市役所   相続人の本籍と住所地の確認

◎戸籍謄本に有効期限はありません。
相続人全員の印鑑証明(実印) 市役所 本人確認のため(できれば3ヶ月以内)


◎不動産を所有している場合
土地・家屋評価証明書(共有含む) 市役所 登記および相続税の試算に


【参考】 残高証明書の依頼方法
◎ 亡くなられた方の残高証明を相続人代表の名で依頼することになります。
T 相続人代表者の実印と印鑑証明書
U 相続人代表者と亡くなられた方とのつながりがわかる戸籍が必要です。



 金融資産の調べ方 

  • 通帳、証書、株式などの現物を探す
  • 銀行、証券会社、保険会社からの郵便物をチェックする
  • 通帳の入出金明細を見れば、加入している保険や配当金より株式が判明することがあります




杉浦相続相談室
橋本室長