公正証書遺言作成の手順    


遺言書作成当日







   
  @ 証人(2人)を決めておく(親しい友人・遠い親戚その他、口の軽くない信頼できる人など)

  A 証人の都合の良い日時を事前打ち合わせしておくこと

         ※証人になれない人 (民法第974条)
                  1 未成年者
                  2 推定相続人、受遺言者及びその配偶者並びに直系血族
                  3 公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び雇人                                  

 遺  
 言
 執の
 行決
 者定 
   遺言執行者の住所(住民票記載の)・生年月日・氏名・職業をメモする











 
  @ 遺言者の印鑑証明書                              1通
  A 遺言者・相続人・受遺者の戸籍謄本・住民票               各1通
  B 証人の住所・生年月日・氏名・職業のメモ      
  C 遺言執行者の住所・生年月日・氏名・職業のメモ
  D 不動産登記簿謄本                                1通
  E 不動産の評価証明書(土地・建物)《市町村役場資産税課発行のもの》     各1通
  F 財産の明細を正確にメモしたもの                        1通








   
  遺言内容をどうするか要点をメモしておいて、その内容を事前に公証人に伝え、書面作成してもらう。
                                                 (必要な資料を持参)



 公打
 証ち
 人合
 と わ
 のせ
  

公証人とは、当日もれのないよう綿密な事前打合せを完了しておくこと
                          (公証人の費用を聞いておく)  




遺言書作成当日

_証人2人と遺言執行者と一緒に公証人役場に出向く
(当日は遺言者の実印と証人の認印と公証人への費用をお忘れなく)


公証人証書の作成(3通)     


                         

原本 正本 謄本
公証人役場で保管 遺言者に交付(自宅または
銀行貸金庫に保管)
遺言執行者に交付