夫が遺した配偶者名義の預貯金について 



Q:税務調査で、夫が遺した私名義の預貯金が夫の相続財産に含まれる
  と言われました。
  私が生活費を切り詰めて貯めたお金なので、どうして私のものでない
  のですか?
                         


A:税務署は月々の生活費、不動産収入、その他まとまったお金が夫から
  妻に移動していれば、贈与の申告があったかを、確認していきます。
  贈与の申告がなければ夫のものとなります。

妻名義の預貯金が夫のものであると指摘されれば、相続財産が増えて、
相続税の負担が大きくなります。
しかし、このことを考慮して配偶者
の相続税額の軽減措置の規定が設けられています。これは配偶者が相続
する財産額について、配偶者の法定相続分か16千万円までの多いほう
の金額まで、相続税は無税になる規定です。

専業主婦の預金は、税務調査ではご主人に帰属することになって
しまうケースが多い
ようです。もちろん妻名義の預貯金実家の相続
自身が働いて外から得たお金
ならば、そのお金は配偶者のものであると当然
に認められます