相続が発生すると遺産の分割は次の3つの方法でなされます。


@      遺言書があれば
・・・遺言書があれば遺言書の内容が優先します       

・・・遺言書には法律で定めた一定の方式が必要です。    

A      遺言書がなければ 相続人間の協議による方法となります。

・・・民法上の法定相続の場合でも別の割合でもかまいません。但し、全員の同意が必要です。

  法定相続割合は、例えば配偶者と子供の場合、配偶者が2分の1、残りを子供が等分

 することになります。なお、詳しくは私共へおたずね下さい。

B      協議がまとまらなければ 家庭裁判所に持込む方法となります

・・・遺言書もなく相続人間の話し合いがつかない場合、家裁に決めてもらうことになりますが、この場合は、決着までに時間がかかりますし、法定相続分での分割が原則になります。