「相続の放棄」と「遺留分の放棄」の違い 

A:相続の放棄 = 相続開始の時にさかのぼって効力を生じ、放棄した者は初めから相続人とならなかったとみなされます(民法)
B:遺留分の放棄= 遺言による財産処分の自由に制限を加えることができる(相続人には最低限もらえる権利である遺留分がある)が、その権利を放棄すること
A:相続放棄 B:遺留分放棄
いつ行うか 生前はできない
相続開始後
  • 3ヶ月以内に家庭裁判所の許可を受けて行う方法
  • 家裁の許可を受けずに事実上の放棄をする(遺産分割協議での放棄)方法
生前は家庭裁判所の許可を受けた場合に限り効力を生ずる
相続開始後
相続人間の遺産分割協議書により相続人の意思表示だけででき、家裁の許可は不要
相続税計算上の
基礎控除との関係
放棄しても、
相続人の数は変わりません
(民法と相続税法は違います)
同左
債務との関係
  • 家庭裁判所の許可を受けて放棄した場合、故人の債務は放棄をした人には引き継がれません(その債務は放棄した人を除いた法定相続人へいきます)
  • 事実上の放棄の場合、引き継がれます
放棄しても故人の債務の負担が減少するわけではない
 生前にできることと、 死亡後にできることが  あるんですね。