家督相続(旧民法明治31年法律9号)とは

   昭和225月2日までは長男が単独相続でした

現在の民法は

民法906条で「遺産の分割は、遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮してこれをする」とあります。

この地方では

  親は、子に派手な結婚式を行い

  遺産分けをしたつもりでいます。

  しかし、戦後生まれの子どもは

  学校で法定割合を習っています

    

争族になりやすい理由
単身者や子どものいない世帯の増加
少子化により遺産相続の一人当たりの財産も多くなります。
単身者や子どものいない世帯にとって相続人は、故人の兄弟姉妹が

法定相続人となり、相続手続きが複雑化ます。

  争族にならないためにも、
これまで遺産分割協議書の作成を500件
以上扱っている当事務所へ事前の
ご相談をおすすめします!