~妻への居住用不動産贈与はお得!?

~二世帯住宅の適用緩和~ 親と同居していると相続税が安くなります。二世帯住宅のケースでは?

婚姻期20年以上の配偶者に対し居住用不動産を贈与した場合、贈与税について最高2,000万円の控除規定の適用があります。


この特例を受ければ、一次相続(夫の相続)では、確かに財産が減少し相続税が少なくなりますが、二次相続(妻の相続)とトータルで考えると実際は?

一見お得そうですが、実際はケースにより様々です。また、贈与の際登録免許税が必要となりますが、相続と贈与では5倍違います。概算で27万円高くなります。また不動産を贈与すると相続では不要不動産取得税がかかります。これが26万円です。合計で53万円の諸費用の増加です。さらに、司法書士さんへの手数料もかかるので、この設例の場合は、節税のために妻への居住用不動産贈与を実行する必要がないケースです。また、居住用財産を贈与することで小規模宅地等の特例(自宅の土地を80%評価減できるが受けられなくなることもあります。