小規模宅地などの課税価格計算の特例の見直し

老人ホーム入居の場合、 平成26年1月1日の相続より条件が緩和されます!

現行は①~④の条件を満たしていなければ減額がされませんでしたが、改正により、の条件だけで適用されるようになりました。
被相続人の身体または精神上の理由で介護が必要であるため、老人ホームへ
 入所することになったと認められる。
被相続人がいつでも生活できるように、自宅の維持管理が行われている。
老人ホーム入所後、新たに自宅を他の者に居住用などとして提供していない。
被相続人が老人ホームに入所するために、被相続人またはその親族によって
 所有権が取得されたり、終身利用権が取得されていない。