万が一の場合でも慌てない請求手続き 

もし、ご家族に万が一のことがあったら…
遺族になったとき請求できるもの、大きく分けて『遺族年金』『健康保険』『生命保険』があります。

●遺族年金

遺族基礎年金は、子が18歳になる年度末を迎えると妻の分を含め原則として支給終了となります。
遺族厚生年金は、子の有無や年齢に関係なく妻に支給されます。



●健康保険

健康保険または労災保険から、埋葬料または葬祭料が支給されます。
1ヶ月間の医療費の自己負担が一定額を超えると、健康保険より高額療養費の払い戻しを受けることができます。

●生命保険

生命保険に加入していれば、死亡保険金を請求できます。